読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら生活

ゲームや映画の感想をひたすら述べていきます。

銭形警部

金曜ロードショーでやってたので、鈴木亮平さんも好きですし録画して見てみました。


金曜ロードSHOW 日テレ×WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『銭形警部』 02月10日

前に鈴木亮平さんを見たのは、着ぐるみを着た死神役で出演してたドラマです。 ドラマの名前は忘れました… 走り方も声もそのドラマとは全然違っていて、本当に銭形警部って感じでした。ダミ声もガニ股歩きもすげえよ…

続きを読む

ピーターパン

ディズニー映画が好きなのですが、あまり覚えていないので見返そうと思ってます。 今回はピーターパンです。

私は幼稚園の頃見てたはずです。 今の子はアナ雪とかズートピアとかもう3Dアニメーション映画しか見てないのかな。 私は結構あのセル画映画結構好きで、いつかまたセル画アニメーション映画をやってくれないかなと心の隅で願っています。 話のストーリーとしては現在の映画の方が好きなんですけどね。 おしゃれキャットとかシンデレラとか見てても、好きなんですけど話の展開ちょっとはやくね?と感じてしまう、心の汚い大人です。 純粋なあの頃に戻りたい。

感想です。 ウェンディ意外と悪い女じゃね???? あれ?子供の時に見た印象は全然悪い方じゃなかったと思ったんですけどね…… ピーターパンと出会ってすぐにマシンガントークはないと思ったし、「キスしてもいいかしら?」って、最近の漫画でも出会ってすぐに「キスしていい?」なんて言わないよ…… それはティンク怒っちゃうよ。 小さい頃はティンク、ピーターパンの邪魔したりウェンディいじめたりしてて悪いやつだって思っていたので、映画を見ながら「すまぬ、私が勘違いをしてた」と謝罪をひたすらにしてました。 あれはヤキモチ妬いてしまいますね。 ヤキモチというか、そんな変な女に現を抜かしてるんじゃないわよ!って怒ってる感じですかね。

私はディズニー自体が好きなので、年に数回東京ディズニーリゾートへ行くのですが、あそこでのピーターパンとウェンディは綺麗に美化されているんだなと思いました。 映画を見ててあれ?こんな感じのキャラだっけ??と何回か首をかしげました。 ピータパンのアトラクションに乗っても、だいたいのストーリーしか再現しないので、ピーターパンたちの性格が美化されても仕方がないですかね。 ありのままでも結構好きですけどね。 でもウェンディは現実世界にいたら、苦手な女の子かなというのが正直な感想です。すまぬ

ライオンキング感想


ハクナ・マタタ (ライオン・キング)

お久しぶりです。

映画見る暇も感想書く暇もなく、ただ日々をなんとなく生きていました。 これまでなんですけど、ちょいちょい映画は見てました。 スーサイドスクワットとか星の王子さまリトルプリンスと私とかジャングルブックとか… まあ見てから時間も経ってますし、割愛します。

それとこのブログの形式も少し変えようかと。 今までは映画の紹介っていうことだったんですけど、自分の感想メモにしていこうかと思います。 1時間位時間かけてゆっくりと書いてたんだけど、そんなん書いてる時間ないし、集中力もないということがわかりました。 というわけで、15分くらいで殴り書きした文章になります。 ワンドロみたいな感じで15分で感想ガリガリ書いてきます。 文章めちゃくちゃだったら、時間足りなかったんだなーって思ってください。 あと自分が何見たかとかどう思ったとかのメモとするので、なんのことだーってなるかもしれないです。 まあ見てる人なんて少ないと思うんだけどね。

というわけでここから感想スタートです。

ディズニー映画にしてはハラハラドキドキの映画だったんじゃないかと。 ちょっと作業しながらの視聴だったんだけど、思わず手がとまる場面も何度かありました。 ムファサとスカーの戦闘シーンとかシンバとスカーの戦闘シーンとか… スカーめっちゃ戦っとるな。 ていうかスカーさんめちゃくちゃ小物でしたね。 想像以上に小物でした。 あんなに嘘付きまくっちゃうんだ。 息するように嘘ついてましたね。 夢の国での手下でスカーさんの手下がいたので、もっと大物かと思って見ていたんですけど、最後は生きていたいがために、嘘付きまくりでしたね。

ティモンとブンバも結構出演してましたね。 嬉しかったです。 順番が逆だと思うのですが、ティモンとブンバだけが出演しているアニメは何度か見てるんですよ。 ティモンめちゃくちゃ好きです。見た目も性格もかっこいいと思います。 ティモンも嘘つくし、見栄はるし、生き残りたいから平気で逃げようとするけれど、相棒のブンバとかシンバが大変な目にあうとちゃんと助けに行くところがかわいいなあお前はツンデレだなあと。 あとティモン何回か女装するんですよね。 なんでか知らないんですけど、ティモンの女装シーンめちゃくちゃ興奮しちゃうんですよね。 性癖ですかね、変態ですね。

ラフィキがシンバを王としてプライドランドに戻そうとするシーンは感動しました。 さりげなく過去は痛みとして残る、それを学習していけばいいって教えてて、年長者の余裕と優しさだなあと思いました。 あんなん私されたら、声をあげて泣いちゃうわ。 言われるだけでなく、簡単な行動で実践したのでシンバは納得して吹っ切れた顔ができたんだと思います。 でもあんなくっそ広い草原?砂漠?でシンバの毛が飛んできたの奇跡だと思うし、その匂いを嗅いだだけでシンバだってわかるのはすげえよ変態だよって思わず笑ってしまいました。

ライオンキング好きな人が多いのもなんとなくわかりました。 今度続編も見たいし、ミュージカルも観てみたいなと思いました。 最後にスカーがハイエナたちに襲われているシーンを見て思わず興奮してしまったのは内緒です。

ゴーストバスターズ

感想 映画

前々からクリス・ヘムズワースが出るって聞いてたんで見たい見たいと思ってたんですけど、なかなか時間がなくて近所の映画館での上映がもうすぐ終わるって知ったんで急いで見てきました。 クリヘム好きです。 マイティソーで出会ってからなんでかなりのミーハーだと思うんですけど好きです。

ゴーストバスターズなんですけど、1984年に公開された映画のリニューアルです。 最近金曜ロードショーで放送されましたね。 元々男性が主人公だったんで女性に変わってしまって面白くないだろうと思って見てない人がいましたら是非みてください。 続編でもないですし、オリジナルの話をただ女性に置き換えたわけでもないです。 設定はオリジナルに従っていてストーリーはまったく違うといった感じです。

簡単なあらすじです。 素粒子物理学博士のエリン・ギルバードが過去に友達のアビー・イェーツと出版した『過去からの幽霊』が今だに販売されていることを知り、アビーのところに向かうところから始まります。 その後、販売を停止することを条件に販売されていることを知るきっかけになった相談人へとアビーとアビーの共同研究者のジリアン・ホルツマンを紹介します。 相談人が幽霊が出たと困っている屋敷へ訪れると長年の夢だった幽霊と出会うことができました。 そこから町中で多発していくゴースト達をやっつけて、本当にゴーストは実在したんだと世間に証明していこうとストーリーは進んでいきます。


映画『ゴーストバスターズ』MVロングバージョン

追記より感想です。ネタバレも含みますので注意してください。

続きを読む

Harmony

感想 映画

DVDの予告でみゆきちの声が聞こえてきたのでちょっとレンタルしてみました。 ちなみにみゆきちの演じたキャラでは空条徐倫とセルティが好きです。 「AKIRA」の監督さんのなかむらたかしさんと「鉄筋コンクリート」の監督さんのマイケル・アリアスさんのお二人が監督さんです。 伊藤計劉さんが書かれた長編SF小説が原作となっています。 まだ原作読んだことないですが、小説を読めば世界観が映画よりもわかるかなあって感じです。読みたいとは思わないけど。

ハーモニー [DVD]

ハーモニー [DVD]

簡単なあらすじです。 この映画の世界観は管理された健康。人々は高度な健康を手にいれるかわりに政府に自信の健康データを送って管理されて生きて行きます。 WHO螺旋監察事務局の上級監察官である主人公のトァンは、学生時代に親友であったミァハとキアンとともに管理されたこの世界から解放されるために自殺を図った過去があります。 しかし政府にこの試みがバレてしまい、トァンとキアンは生き残りミァハだけ死んでしまいます。 監察官と働いている今、同じように生き残ったキアンとの食事をきっかけに、世界が何かしらの脅威に脅かされ始められていることをトァンは知り、解決の手がかりを知っている自分の父親に会いに行きます。


「ハーモニー」劇場本予告

ネタバレなしの感想です。

鬱です。

まじかお前って感じで鬱です。 誰もが幸せにならないて感じです。 あと難しい世界設定であるので、最初理解するのに結構時間がかかりました。 いきなり酒・タバコと何かが入ったケースとの交換から入ったので、未来なのか過去なのか理解するのが難しかったです。 メインがトァンとミァハの女の子二人だったので映画中ずっと百合臭が漂っていましたね。 ストーリには関係ないんですけど、登場人物の名前ややこしくないですか?? なんで小さい「ァ」なんだ… ずっと普通にトアン・ミアハだと思っていました。

以下ネタバレありの感想です。

続きを読む

はじまりのうた

感想 映画

レンタルで「はじまりのうた」を借りて先日見ました。 この映画はパイレーツ・オブ・カリビアンに出演しているキーラ・ナイトレイアベンジャーズシリーズに出演しているマーク・ラファエロが主演です。 私はこの二人が主演だと知ってレンタルしたのですが、過去にアカデミー賞受賞している監督さんだったらしいです。 面白かったので、その作品も見てみたいです。

簡単なあらすじです。 ニューヨークにやってきたシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)が落ち込んでいたところ、友人のスティーブが励まそうとしてライブパーティに連れて行き、無理やりステージあげて歌わせます。 そこに偶然居合わせた音楽プロデューサー・ダン(マーク・ラファエロ)の目に留まり、ダンはグレタに一緒にアルバムを作ろうと持ちかけます。 そこからバンド仲間と出会い、二人の今の状況をポツリポツリと語り出し、理解しあっていくお話です


『ONCE ダブリンの街角で』監督が手掛けたドラマ!映画『はじまりのうた』予告編

ネタバレなしの感想です。 私は何も考えずに字幕で見たのですが、劇中に役者さんが歌うシーンがあり、吹き替えですと突然英語になっちゃうので字幕のほうが自然な感じがするかなと思います。 字幕だと難しい話が頭の中に入ってこなくて、話がそんなにわからないというのがあると思うのですが、今回音楽関係の難しい話はないので字幕でもするするっと頭の中に入ってくると思います。

以下ネタバレありの感想です

続きを読む

ファインディング・ドリー

感想 映画

前回の記事、下書きのままでずっと投稿するの忘れてました… アホでした。しかも1週間に1度ではなく、1ヶ月に1度…

公開初日に見てきたんですけど、色々と忙しくてなかなか書けなかったです。 無事テストも終わり爆死してきたんで、ちょっと感想を書いていこうと思います。

予告


「ファインディング・ドリー」日本語吹替版予告編

ネタバレなしの感想ですと、タコのハンクがめちゃくちゃカッコよかったです。 私は予告もあまり見ずに友達に誘われるがままに映画見たんですけど、あんなイケメンなタコがいるだなんて聞いてないヨ… あとベビードリーが可愛いんですけど、私的にはちょっと体に対して目が大きい感じがして怖いなって思いました。 ギョロ目ちゃんって感じです。

前作のニモ見てなくても、別作品として楽しく見ることができると思います。 ニモを見ていたら、ちょっとクスッと笑えるなって感じです。 映画を映画館で見ているとエンドロール中に途中退出する人が多いんですけど、この作品はエンドロールにたくさん工夫があって、飽きずに見ることができると思います。 なのでニモを見たことがある人はぜひ途中退出しないで最後まで見て欲しいです

以下ネタバレありの感想です。

続きを読む