読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら生活

映画やゲームなどなどいろんな感想をひたすら述べていきます。

ファインディング・ドリー

前回の記事、下書きのままでずっと投稿するの忘れてました… アホでした。しかも1週間に1度ではなく、1ヶ月に1度…

公開初日に見てきたんですけど、色々と忙しくてなかなか書けなかったです。 無事テストも終わり爆死してきたんで、ちょっと感想を書いていこうと思います。

予告


「ファインディング・ドリー」日本語吹替版予告編

ネタバレなしの感想ですと、タコのハンクがめちゃくちゃカッコよかったです。 私は予告もあまり見ずに友達に誘われるがままに映画見たんですけど、あんなイケメンなタコがいるだなんて聞いてないヨ… あとベビードリーが可愛いんですけど、私的にはちょっと体に対して目が大きい感じがして怖いなって思いました。 ギョロ目ちゃんって感じです。

前作のニモ見てなくても、別作品として楽しく見ることができると思います。 ニモを見ていたら、ちょっとクスッと笑えるなって感じです。 映画を映画館で見ているとエンドロール中に途中退出する人が多いんですけど、この作品はエンドロールにたくさん工夫があって、飽きずに見ることができると思います。 なのでニモを見たことがある人はぜひ途中退出しないで最後まで見て欲しいです

以下ネタバレありの感想です。

ハンクドチャクソかっこいいんですけど!!!!!!! 俺は海に戻りたくない!あの透明な水槽の中で悠々と泳ぐんだってドリーのことをもう助けないって言ってたのに、なんだかんだドリーが困った時に助けてくれるってお前はもうヒーローかよ!!って思ってました。 ドリーを家族がいるって言われている水槽にたどり着いた時に、なんだかんだ別れを惜しんだところで思わず涙がうるっときました。

「私、あなたのことを一生忘れない」

「お前は俺のことなんてすぐ忘れるんだろうな」

私がずっと覚えているよ!!!!!ハンク!!!!!! ただ車も運転できて、透明化できるなんてお前万能タコすぎるだろ。

ドリーが無事に家族と再会できた時は思わず涙が出てきました。家族と再会できるっていう感じは見えていたのに、涙は止まらなかった… ドリーがベビードリーだった時に家族と離れ離れになったから、相当あそこの家で待ってたんだなあと思いますよ。魚って寿命何年くらいかわからないけれど、もうドリーの両親はおじいちゃんおばあちゃんで再会できたのは本当に奇跡じゃないかなあと思います。 あと水族館の中じゃなくて海の底で待ってたんだしね。他のお魚さんに食べられてもおかしくないでしょ。 水槽の中でドリーの仲間と出会った時に「あなたの家族はもう…」って聞いた時はやっぱりなって思いました。 でもさすがディズニーです。予告でも家族との再会シーンとか、ドリーの家族を写さなかったのは正解だと思います。 うつしちゃったらどうせ再会できるんでしょって感じで映画見ちゃう人が多い気がします。

みんなが水族館とかトラックから脱走しちゃったので、この水族館大丈夫かよ…職員さんかわいそうだなって思いました。 ちゃんと自分の仕事をしていただけなのに、トラックは逆走して事故は起こるわ海に落ちるわで。 自分だったら本当発狂しちゃいます。何にもしてないのに職も失って、犯罪者になって… 今回とくに悪者とかいないですよね。 ドリーを捕まえた人だってドリーが病気で直してあげようという親切心で海洋センターに連れて行ったんで。 ただ仲間の魚にとってみればいい迷惑なんですけどね。

エンドクレジットの後に前作の仲間たちが出てくるのも面白かったです。 その袋の中の水だけでお前らよく生きてたなあって(笑) 2年間もあのわずかな水だけで生きるって無理でしょ。 まあそこはディズニーの魔法ってことですよね。

あと忘れた頃に八代亜紀さんの名前が何回も登場してくるので、その名前を聞くだけで笑えてきます。

八代亜紀さんも言ってたじゃない!」

なんでドリー、忘れっぽいのに八代亜紀さんの名前は覚えてるんだよって心の中で突っ込んでしまいました。